剪定

山形の現場でニッコウヒバの刈り込み剪定から自然風剪定に。にわーる

これまでの刈り込み剪定から自然風の剪定に仕立て直しました。従業員の伊藤の作品です。

刈り込み剪定のメリット

刈り込み剪定とは大きいハサミでバサバサと丸く刈ったり、四角く刈ったりする剪定方法です。刈り込み剪定のメリットは密に葉を繁らせられる事です。例えば目隠しの為に植えたのにスカスカでは目隠しに役に立ちません。刈り込む事で葉の密度を上げて、見えない様にすることができます。あと、剪定が比較的簡単に出来ます。表面の伸びたところを切るだけなので手っ取り早く整えることができます。

刈り込み剪定のデメリット

メリットで葉を密に出来ると書きましたが、それが原因で虫が発生したり病気になったりします。葉が蜜になるので、風通しが悪くなるのです。

自然風剪定仕立て手直し

お客様の御要望もあり、今回自然風に仕立て直しました。作業は伊藤にしてもらいました。刈り込み剪定から自然風は手間がかかりますが、雰囲気は良くなります。

剪定後もあまり雰囲気は変わりません。でも、しっかり透けています。自然風は樹木が伸びてもあまり分からないのも良いとこです。

まとめ

やっぱり自然風がいいです。