剪定

赤松 剪定 私 にわーる 山形 造園 剪定 ハサミは2本目 幹はピカピカ

本日の私の作品です。

この赤松は毎年アブラムシが大量発生し、新芽が枯れています。

特に東側が酷くて枝ぶりがショボくなってしまいます。

アグロスリンを後日散布してフィニッシュです。


まず最初に、、、。

松を剪定する時は、この岡恒の芽切り鋏がお気に入りです。

ホームセンターで1000円位で購入できるので、安くていい仕事してくれます。

高い鋏を使っている職人は砥いで使い倒すのでしょうけど、私はこの鋏に関しては、切れなくなったら、再度購入して使ってます。

この鋏の良いところは、とにかく軽く空気みたいです。

悪いところはすぐに折れるところです。

今月で2回折れました。

心はこの暑さで50回は折れてますけど。

なんで折れるかって言うと、決して鋏が悪いわけではなく、私の使い方が悪いからです。

太い枝は違う鋏で切れば良いのですが、持ち替えるのが面倒だし、松の枝は柔らかいのでこの鋏で切ってしまいます。

結果こうなります。


こまかぐ!こまかぐ!


幹もピカピカ。

ほうきで30分は磨きました。

皮のカスが目に入って痛いんです。