庭工事

山形初のロックバランシング アートオブジェを設置してきました。 にわーる

今日はタイトルにもある通り、おそらく山形初のオブジェを作りました。まずは写真をご覧ください。

極め付けは玄関前のこちら!

にわーるの発想!

石がたくさんあるから何かに使ってと言われていました。今時、石を使う庭なんてほとんどありません。撤去の依頼はかなりあります。

しかし、今回の依頼は石を使って何かする必要があるので、何か無いか考えていました。

御依頼されたお客様はお店を経営してまして、そのお店のリフレッシュ工事です。

お店の雰囲気は洋風なので、河原石はどちらかというと和風でしょうか?

うーん、なんかオブジェ的なものができないか考えていた所、ロックバランシングというニュース記事を思い出しました。

ロックバランシングとは

ロックバランシングとは河原で石を絶妙なバランスで積み上げる、石を超バランスで積み上げて一つのオブジェクトを作るというもの!だそうです。

私もバランス感覚が超人的なので、チャレンジした結果、素晴らしい作品が出来たのではないかと自画自賛しています。

自然にある材料を利用する。

庭師の基本は自然にある材料を使う。もっと言えば庭にある竹を使って垣根を作ったり、木の枝を使って土留めを作ったり、穴を掘った時に出てきた石を使って飛び石にしたり、水鉢にしたりと、発想次第では何かに使えることが多いです。

造園業の特徴としては基本的なルールはありますが、あとはアイデア次第で無限の可能性があるという事です。

例えば石組みがいい例です。

この石を組んだ昔の職人さんはこっちを正面に使っていたけれど、にわーるで石を組む時はその正面は使いません。

使ったら負け的な意地があるかも知れません。

まとめ

造園業の面白さは答えが無いという事です。

エクステリアの職人さんは、作業に対するコツはあると思いますが、仕上がりは同じです。設計図と同じ様に作らなければダメなんです。

建築もそうです。ほとんどの職業は決められた通りにしなければダメです。

調理師とかは創作料理とかあるので、造園業と似ているかも知れません。

職人さんの個性が作品に出るので、面白い職業です。