剪定

剪定の時期がやって来ました。にわーる 剪定 山形

毎年恒例の剪定の時期がやって来ました。

毎日、毎日、軽トラ1台分のゴミが出ます。

試験的に何年かかけて、モクレンの徒長枝を抑えようとしています。


真ん中にビョーンと伸びてる枝があります。

近づいてビョーン枝の付け根を観察してみます。

前に強く切った切り口が見えます。

そこの付け根からビョーンが伸びてるんです。

山形ではモクレンの完成形はほぼ坊主か、2芽くらい残して切る、強剪定が主流です。

シラカシも強剪定。

街路樹じゃないんだからと思いつつもお客様に「伸びっからいぎなり切って」

と言われてしまうと、切らない訳にいかなくなるんですよ。

もちろん、切れば切るほど伸びるんです!

と、ちゃんと説明してはいるんですが、わからないんでしょうね。

まあ、そんな時はバッサリいきますけどね。

こんな感じです。

随分と濃いですね。

濃いとは緑がいっぱいのことです。

しかし、このくらい葉っぱを残すと、ほぼ来年も同じ状態を維持できます。

たしかに、街路樹の様な剪定に慣れている人は耐えられないでしょうね。