どうでもいい話

噂の東京マガジンを造園業視点から見たゴミ問題をにわーる が考えた。

今日は暇なので、お昼にゴロゴロしながらTVを見ていたら、台風被害で土砂崩れが起きお墓が壊れたんだけど、その原因が土砂崩れじゃなくてお墓や上の方に造園業者が長年置いていたゴミが崩れてきたせいだよ、と言う内容の人ごとでは無い内容でしたので記事にしてみます。

簡単な内容の説明

まず、TVを見ただけなので詳しくはわかりませんと前置きしておきます。

この事件はまず台風が1番の原因です。下の写真を見てください。

赤丸の所が造園業車のゴミ?置き場です。その下に黄色い丸の所が誰かの土地でその下にお寺と墓地があります。

この墓地に造園業者のゴミと土砂が赤の矢印の方向に崩れ落ちてお墓が壊れてしまった。

檀家さんはゴミが上から流れてきたせいで壊れたんだから、墓を直せいうことでした。

寺や檀家は溜めていたゴミは産業廃棄物なんだから厳格な保管の必要があり、それを怠った責任は相当重いとの事。

造園業者は一般廃棄物だから適切な保管義務は無いとの見解。

疑問と私なりの答え

1.産業廃棄物と一般廃棄物との違い。

私も産業廃棄物の処分の許可を取りたいので、少し勉強というか県庁や市役所にちょいちょい確認しています。基準はスッキリとはしないのですが、私の解釈では産業廃棄物は工事に伴ったゴミを指す。例えば、河川工事で出た立木の伐採ゴミや道路工事などで出た街路樹の伐採したゴミなどです。基本的にその場から存在がなくなる樹木ゴミの事。ゴミというかクズと呼ばれています。木クズと言います。一般廃棄物は剪定したときに発生する木クズ全般の事を指します。ややこしいですが街路樹の剪定で発生した木クズは一般廃棄物で、道路拡幅の為に伐採した枝や幹、抜根した根っこは産業廃棄物です。

2.とりあえず台風という自然災害での土砂崩れが1番の原因だからゴミのせいなのか?

基本的に台風や豪雨での土砂崩れは自然災害だと思います。土砂崩れを人のせいにしていたら、あちこちで裁判沙汰が発生すると思います。例えば洪水が起こって、他人の車が水と一緒に流れてきて自分の家に激突して壊れたら、その車の持ち主のせいでは無いと思うんです。つまり、洪水が全ての原因なんですよね。そこを走っていた車の運転手が悪いわけでは無いはずです。

3.写真で見る限り黄色丸の所に生えている木も相当あるのに、何故そこの木は原因の一つにならないのか?

これは私の勝手な想像ですが、赤丸の平らな所をよく見ると木クズが積まれているのは確認できます。檀家は20年もの間積み重ねていたり、土に混ぜていたと言っていますが、20年もの月日があれば木クズは土に返ります。次々と持ち込まれている様な場合でも、造園業者の1社の1日の木クズの発生量なんてたかが知れています。それよりも、黄色丸の量の方が遥かに多いと思います。映像を見る限り、地滑りを起こして根こそぎ無くなっていました。お墓の所まで樹木は1本も無くなっていました。という事は、黄色丸の樹木と根っこが全部流されたと思われます。恐らくこっちの方が被害では大きいでしょう。つまり、造園業者の木クズより黄色丸の方が多いと思うんです。造園業者の木クズが土砂崩れを誘発したとしたら、話は違ってきますが、それを証明する事は難しいと思うんです。

4.お寺では災害保険のような保険には加入していないのか?檀家の所有物を守る義務は無いのか?

お寺では檀家さんから入会費や維持費を支払ってもらってると思うんです。それで、損害保険に入っていれば保険で直せるとおもんです。お寺では誰かのせいにする前に檀家さんのお墓を直す方が先だと思うんです。

自然災害の場合は誰のせいでも無いんじゃない?

さっきも書きましたが、豪雨で土砂崩れを起こして、その下の住宅が巻き込まれてしまった場合、崩れた山の持ち主が悪いわけでは無いと思うんです。豪雨が悪いと思うんです。山の木が流されて川に詰まって土石流とかありますが、このケースで言えば、詰まった木が悪いという事と同じだ事だと思います。私は詰まった木の持ち主は誰なのかとか関係ないと思うんです。

ただ、不法投棄も問題ではある

このケースでは、私は造園業者が100%悪いとは思いません。太い幹は薪にする為に乾燥目的で、積んで置く場合あります。枝もアートにする人だっているかも知れません。決して屁理屈ではありません。人それぞれ価値観が違いますので、私にとってはゴミでも、赤い実が付いた南天の枝を欲しがる人や、桜の蕾が付いた枝を欲しがる人、まつぼっくりを欲しがる人など色々な人がいます。

結局はゴミかそうじゃ無いかは人それぞれです。市役所でもそう言っていました。一般廃棄物でも買い取れば有価物になるので、ゴミじゃ無くなると。生ゴミだって堆肥にして循環する事業もあります。堆肥業者にとっては材料になるので、ゴミでは無くなるのです。

ここからが重要ですが、ゴミをゴミと認識した状態で、置き場に放置している業者は違法です。

私達もよくあるんですが、例えば伐採処分で10万円の見積りがあるとします。内訳はザックリで人件費が7万円、3万円が処分費です。他の業者に見積りをとっても誤差±15%位です。それなのに、中には6万円位で見積り出してる業者がいるんです。どう考えてもその見積金額ではゴミ代は出ません。ゴミを山や畑に捨てるんであればそれでも成り立ちます。お客様は安い方が良いのでその業者に頼んでしまいます。そんな業者は価格でしか勝負出来ないので、その行為を繰り返します。ゴミを適正に処理しないで山や畑に積むんですね。結果ゴミだらけになり、今回のケースの様なことが起きてしまいます。もしくは、疑われます。

まとめ

長くなりすぎてなんの話かよく分からなくなってきましたんで終了します。結局は適正に処分するか適正に使用して下さい。

今コピーしようとしましたね?残念ですがこのサイトはコピー禁止です。