どうでもいい話

Instagramで商品タグをつける手順ショッピング機能(ShopNow)のやり方 完璧版

ショッピング機能のやり方を完璧に教えましょう。他のサイトを参考にやったけど、上手く出来なかった方は絶対見てね!この順番通りにやらないと上手くいかないですよ。

Instagramをビジネスアカウントに変更しよう。

他のサイトではこの流れが間違っています。恐らくショッピング機能(Shop Now)をやろうとしてる方は、大体は手順通りに進めていけると思います。もう、これを読んでいる頃にはイライラしてる頃だと思うので、早速進めます。

つまづく点を盛り込んで簡潔に進みます。

携帯アプリで作業する。

1.Instagramを個人アカウントからビジネスアカウントに変える。

2.住所が一致しないとなる方はローマ字で入力する。例えば山形市じゃなくyamagatashiとかね。

3.チェックアウトURLはAmazonでもいける。考え方としてはInstagramで商品タグをクリックした時に購入するサイトに飛べればいい。

ここまで分かりましたか?いいですね?次進みますよ!

あとはFacebookにページを作る。これは好きな名前にする。

下の写真の順で、紫通りに進めばOK。

4の写真。私はもうビジネスになってるので、表示が違うけど、ビジネスになった方はこう表示されます。

Facebookのページの説明

これは途中まではアプリで出来ますが、商品の登録はpcでないと出来ない。

ここでつまづいたのは

1.商品登録はpcじゃ無いとエラーになる事。

2.公開しないとInstagramに反映されない。

それ以外は簡単に作業できる。

Instagramに戻って設定

ここまできたらInstagramに戻って最後の設定。

ここでつまづいたのは、InstagramのアカウントとFacebookのアカウントがリンクしてない?って事。手順を送信しましたとなって全然進まない。

原因はFacebook側のページを非公開にしていたから。公開するとショッピングに登録の所にFacebookで登録したカタログが出るはず。それをクリックすると画像4の様に審査中になる。

ショッピング機能(Shop Now)まとめ

Instagramでモデルが服を着て、その服にタグを付け、タグを押すとシームレスに購入サイトに誘導できるという点が最高な機能です。

例えば、商品の名前をコピペして、Googleで検索して、楽天で調べるとかいう流れだと、せっかく欲しいと思ってるその瞬間の気持ちが薄らぐかもしれません。

または、検索したら他にもいいものがあって目移りしてしまい、購入しなくなるかもしれません。

私はAmazonの大口で出品しているので、AmazonをチェックアウトURLにしましたが、この流れでいくと、他のCEサイトでもいい様な気がします。Amazonは月¥6000円くらいかかるし、Amazonの出品者(セラー)同士がすでにライバルという、恐ろしい世界です。商品もAmazonの中で埋もれるので、広告費を払って上位表示する必要があるし、購入者も安いセラーからしか買いませんw。でも、Amazonは抜群の知名度と登録者数が多く、本当に簡単にそしてすぐ配達されるのが魅力です。

Instagramは直感的に買い物出来るのが最高です。

今コピーしようとしましたね?残念ですがこのサイトはコピー禁止です。