草刈り

上山市内で除草をにわーるが作業しました。

ゆき〜が溶けてかわ〜になあってながれてゆきます♪

誰が歌ってるかは分かりませんが歌手だけではなく、歌詞までも古く感じます。何故なら雪が降らない!去年今年となんだこの状況は!除雪がないじゃ無いか!

雪囲いの取り外しの前に売地の除草作業です。

着工前
完了
着工前
完了
着工前
完了

どうですか?半日ちょいでこの綺麗さになりました。ゴミは軽トラ1台分です。この後ここに砂利を敷く予定でしたが、綺麗になりすぎたせいで施主様御満足されて、砂利敷きが無くなってしまいました。トホホォ、、、

まあ、売地ですので出来るだけコストはかけない方がいいと思います。

売地にかけるコスト問題

上の写真のような売地にどのくらいお金をかけるかが今回のポイントです。

まず、奥の砂利の所と今回の場所は隣同士ですが見た目が違います。どっちを買うかと言われれば綺麗な方に先に目がいくと思います。

なので、とりあえず草を刈らないと見栄えが悪いので草を刈らないといけないと思います。刈る前と買った後では印象が全然違うのがわかると思います。

次にするのは除草剤散布ですね。今回も下の写真のようにカソロンを多めの2袋撒きました。右に写っている白い入れ物は粒状の物を均一に撒く道具です。丁寧な仕事がにわーる の売りですから!

作業前のカソロン
作業後のカソロン

こんな感じに撒きました。

これを3ヶ月に1回くらいのペースで撒くと言うことでした。

結果、砂利敷き無しとなりました。まあ、この場合はできるだけコストを抑えた方がいいに決まってますので、これが正解かと思います。業者によっては砂利敷かないと無いとダメだと言って、コストアップしてくる場合もあります。

しかし、砂利の方が見栄えはいいのでコストをかけて早く売るか、低コストで維持するか悩ましいところだとは思います。

今コピーしようとしましたね?残念ですがこのサイトはコピー禁止です。