伐採

誰かが強剪定して枯れてしまったチャボヒバ伐採。にわーる

何年か前にちょうど今頃の時期に強剪定をしたチャボヒバが事務所の近くにありました。通るたびに多分枯れるだろうなと思いながら見ていたら、案の定枯れてしまいました。それの伐採です。

他の現場を抜け出して素早く伐採

パッと見た感じとは全然違うくらい大きかったです。

1人でする作業ではありませんでした。

1人の作業では無かった現場です。太さは電柱位はありました。

思ったよりもガサばり、トラックの積み込みも大変でした。

住宅地なので、チェーンソーの音をあまり響かせるわけにもいかないし、最小限のカットで納めました。

まとめ

常緑樹の強剪定は秋から冬にかけてはやめましょう。春に永遠の休眠期に入る可能性が高いです。

こちらの記事もおすすめ
にわーるセレクト(道具等)

15年以内の新興住宅地でよくある大きくなって手に負えないニッコウヒバの伐採を山形市内でにわーるが作業して来ました。今回はめちゃキレるノコギリ侍の出番です。

2020年9月28日
山形のにわーるです。造園業で剪定や伐採、人工芝やエクステリア、外構工事や剪定が得意です
この時期から伐採作業が増えて来ます。雪で垂れ下がり他の家に迷惑や、歩道に覆い被さる前に対処する方が多いからです。 新興住宅地によくあ …