ガーデニング

芝生の管理始めました。

今日から芝生の管理の仕事になります。

私が独立して間もない頃、庭を解体してコウライ芝を張る仕事をさせてもらったお客様のお庭です。

お客様はマメな方なので、御自身で芝刈機を購入し芝刈をしていたのですが、10年も経つと根が詰まり伸びが悪くなってきてしまいます。

そこで、今回芝生の管理を頼まれました。

とりあえず、こんな感じです。

そこに、専用の穴あけ機で穴を開けていきます。右上の方が穴を開けた箇所です。なんとなく黒くなってる所です。左下が川砂とフミンフォスカを混ぜ合わせた物を、棒で突っつきながら入れていきます。硅砂でもいいかもしれませんが、硅砂を入れた事がないので不安でした。

全体図はこんな感じです。穴は多分1000個くらい空いてると思います。1平米あたり15個から20個程度です。そこに川砂を入れるのが大変でした。地道にコツコツとコツコツとコツコツと1個1個入れて棒で突きます。

その後で、サッチングと言われる作業です。切りカスの残り(茶色のカス)を熊手で集めながら、茶色が無くなるまで綺麗にします。

  1. 腐れにくい。
  2. 前が降った時、水を弾く。
  3. 水を弾くが染み込むと水はけが悪くなる。
  4. 水が染み込むと、ジメジメとして通気性が悪くなる。
  5. いい菌がいなくなり、悪い菌が繁殖する。
  6. 悪い菌は茶色のカスを分解しない。
  7. 1に戻る

こんな感じの負のスパイラルが出来ます。

ボウボウは論外です。直ぐに、にわーるに頼みましょう。

金額は1平米3000円位から考えてます。上手くいけば人工芝を超える綺麗さになると思います。

人工芝は10年持つ計算で40平米張るとして、工事費が40×13000円で520000円

コウライ芝の工事費は40平米×2500円で10万円、さらに1年の管理料が6.7.8.9.10月×2回の芝刈で計10回。40平米×500円で2万円。2万円×10回で20万円。さらに、穴あけ作業や土入れ作業が3000円×40平米12万円。年間合計32万円かかる計算です。32万円×10年で320万円です。ちょっと高いですね。もうちょい安く出来そうです。

こう考えると人工芝の方がはるかに安く感じます。個人で天然芝の10年間の管理は基本的に無理だと思います。大体のお客様は、10年位で人工芝を検討する方が多いと思います。

さらにこんな感じにサッチングします。何回やってもカスが出てきます。これで2回目です。

最終的にこんな感じで今回は終わりです。あとは、草を取ってもらって、その後で目土を散布します。この作業でわかったのは、カスは奥底にペッタリとくっついていて、なかなか取れない事と、草取りはピンセットレベルで取らないと無理って事でした。